オードリー・ヘプバーン イメージオードリー・ヘプバーン イメージ

©Mark Shaw

オードリー・ヘプバーン イメージオードリー・ヘプバーン イメージ

©Bob Willoughby

オードリー・ヘプバーン イメージオードリー・ヘプバーン イメージ

©Bub Fraker

オードリー・ヘプバーン イメージオードリー・ヘプバーン イメージ

©Mark Shaw

オードリー・ヘプバーン イメージオードリー・ヘプバーン イメージ

©John Engstead

写真展 オードリー・ヘプバーン 今よみがえる、永遠の妖精写真展 オードリー・ヘプバーン 今よみがえる、永遠の妖精

ファッション編2017年9月13日(水)→25日(月)
大丸ミュージアム・京都「大丸京都店6階」

■入場時間
午前10時→午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)

■入場料〈税込〉
一般 1,000円(800円)・中高大生 800円(600円)・小学生以下無料

京都店、心斎橋店共通前売券(9月12日(火)まで)

〈税込〉一般1,500円・中高大生1,000円

※( )内は前売および10名様以上の団体、大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方のご優待料金です。
※小学生以下のみでの単独入場はご遠慮ください。
※前売券は、大丸京都店7階商品券売場およびセブンチケット(http://7ticket.jp)で販売いたします。(セブンチケットでは当日券も9月13日(水)~24日(日)まで販売いたします。)
※混雑状況によりましては、整理券で対応させていただく場合、ご入場いただけない場合がございます。(各種入場ご優待を含む。)あらかじめご了承ください。

WEB特別割引クーポン

WEB特別割引クーポン
スマートフォンまたは携帯電話から左のQRコードよりクーポン画面へアクセスしてください。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

■主催:
(株)大丸松坂屋百貨店、京都新聞 
企画制作: クレヴィス 
協力:mptv images

オードリー・ヘプバーン イメージ ©John Engstead
オードリー・ヘプバーン イメージ ©Mark Shaw

KYOTODAIMARU KYOTO

120点のファッション写真を一挙公開!永遠のファッション・アイコンオードリー・ヘプバーン。若き日の可憐な姿をとらえた貴重な写真展です。120点のファッション写真を一挙公開!永遠のファッション・アイコンオードリー・ヘプバーン。若き日の可憐な姿をとらえた貴重な写真展です。

日本でも未だ高い人気を誇るオードリー・ヘプバーン(1929年-1993年)。彼女を語る上で忘れてはならないのが、お洒落で可憐なスタイリングの数々です。
本展は写真家マーク・ショーの作品を中心に、ファッションをテーマにした写真が一堂に介する写真展。大丸京都店の「ファッション編」とともに、心斎橋店では「映画編」が開催され、各120点ずつ、総数240点という大規模な写真展となります。永遠のファッション・アイコンとして輝きを放ち、愛されつづけるオードリー・ヘプバーンの若き日の姿に出会える、またとないチャンスです。

EVENT

BAZAAR

オードリー・ヘプバーンの孫 エマ・ファーラー来店!
大丸創業300周年×Harper’s BAZAAR150周年記念イベント
モデル/女優 エマ・ファーラー×
『ハーパーズ バザー』
編集長 塚本香トークショー!

■9月16日(土)午後2時~
■大丸京都店 6階大丸ミュージアム〈京都〉 特設スペース

※ご招待のお客様以外は立席でのご観覧となります。
※混雑状況によりましては、整理券で対応させていただく場合、ご観覧いただけない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

エマ・ファーラー/スイス生まれ。14歳までLAで育つ。フローレンス・アカデミー・オブ・アート卒業。祖母はオードリー・ヘプバーン。2014年9月号のUS版『ハーパーズ バザー』でモデルデビュー、表紙を飾る。UNHCRの国際スポークスマンであり、ユニセフ、オードリー・ヘプバーン・チルドレンズ・ファンドなどでボランティアとして活動。映画『The Man in the Attic』(2017)に出演。現在はNY在住。アーティストとしての活動を続けながらモデル、俳優としても活躍中。2018年にオードリー・ヘップバーンのスタイルに関する著書を刊行予定。

山口路子

作家・山口路子×
『ハーパーズ バザー』編集長代理 木津由美子
オードリーを語るミニイベント

■9月16日(土)午後4時~
■大丸京都店 6階大丸ミュージアム〈京都〉 特設スペース

ココ・シャネル、オードリー・ヘップバーンらの生き方を描いた「生き方シリーズ」の著者山口路子さん。オードリーが残した美しい言葉についてお話します。

山口路子(やまぐちみちこ)/作家。核となるテーマは「ミューズ」、「言葉との出逢い」、そして「絵画との個人的な関係」。主な著書に『ココ・シャネルという生き方』をはじめとする「生き方シリーズ」(サガン、マリリン・モンロー、オードリー・ヘップバーン、ジャクリーン・ケネディ、エディット・ピアフ)、『 美神 ミューズ の恋~画家に愛されたモデルたち』(以上、KADOKAWA)、『美男子美術館~絵画に隠された物語』(徳間書店)、『軽井沢夫人』(講談社)、『 女神 ミューズ 』(マガジンハウス)、『オードリー・ヘップバーンの言葉』など「読むことで美しくなる」シリーズも好評(大和書房)。

大丸・秋の三百周年祭