edited by DAIMARU MATSUZAKAYA
スクロール
Makeup Trends and Tutorial | メイクアップチュートリアル 

Makeup Trends and Tutorial!

くすみなき美肌に映える
ヘルシーで甘すぎない
大人のためのピンクメイク

大人のためのピンクメイク

北風はまだ冷たくても、日差しの中に春の温もりを感じ始めるこの時期。
大人の女性を美しく見せる、春らしいピンクメイクを作ってみました。

肌作りのポイントは、ラベンダーカラーの化粧下地。
肌のくすみを取り、透明感を与えてくれます。
ファンデーションはセミマットタイプのリキッドをチョイス。
しっかりと塗るのではなく、軽く、うすく、ナチュラルに仕上げましょう。

アイシャドウは、ピンクとパープルの2色使いです。
指先を使い、パープルをアイホール全体になじませたあと、ピンクをプラス。
二重の幅部分に、ブラシを使ってさらにパープルを広げたあと、
下まつ毛の部分には、ピンクとパープルをまぜてのせます。
アイブロウにもピンクのアイシャドウを足してみてください。
眉毛に赤味が足されると、フェミニンな雰囲気が出ます。

まつ毛は、ビューラーで黒目の部分を軽く上げる程度にし、
ボルドーカラーのマスカラをオン。
アイシャドウと色がマッチし、やさしげな目元が完成します。
リラックスしたムードを表現したいので、アイライナーはあえて使いません。

オレンジのチークで、ピンクメイクを大人っぽく仕上げてみましょう。
黒目の下方向、顔の中央から広めに楕円を描くように入れます。
頬骨より外、こめかみへとチークを広げると、老けた印象になってしまうので気を付けて。

メイク全体のバランスを考えたとき、もっとも強調したいのはリップ。
指先でくちびるのふちをなぞるように、とんとんとなじませます。

春色の装いに合わせて、
甘すぎず、ヘルシーな印象を与える大人のためのピンクメイクにトライしてみてください。

もっと詳しいHow To 動画をDEPACOで展開中

早坂香須子 | Kazuko Hayasaka

Profile | 北原果 Konomi Kitahara
ヘアメイクアップアーティスト


ヘアメイクNAYA氏、イガリシノブ氏に師事後、独立。色使いの美しさ、キャッチーなトレンドメイクで人気に。わかりやすいメイク解説でファッション誌から広告まで幅広く活躍中。

COVER LOOK ITEMS

Makeup Trends and Tutorial
メイクアップチュートリアル

Back Number

Beauty Upのおすすめ

PICK UP BRANDS!
CLARINS JILL STUART Attenir GIVENCHY LUNASOL SISLEY RMK PAUL & JOE est ETVOS THREE SK-II ESTĒE LAUDER DECORTÉ KANEBO POLA IPSA HELENA RUBINSTEIN DR.CI:LABO HABA Dior