西洋占星術研究家 鏡リュウジ氏の2018年 星占い

西洋占星術研究家 鏡リュウジ氏の2018年 星占い

しし座(7/23~8/22)

しし座
<全体運>
自分の基盤となる場所を大切にするのがテーマとなる一年。もともと華やかでドラマチックなことを好む獅子座ですが、2018年は秋まで、遠くに光るものよりも足元をジッと見つめる姿勢に幸運が宿るでしょう。年明けから少しの間は、平凡で刺激のない毎日に物足りなさを感じるかもしれません。しかし、裏方の地道さを知るにつけ、そこにも知られざるドラマが眠っているとわかり、価値観が180度変わってしまいそうです。日常生活を楽しむのも大切。歯ブラシにこだわってみたり、上手なアイロンがけをマスターしたり。やってみれば、いつも気にしていないことにほど面白さを感じそうです。変革の星・天王星は、5月に移動すると獅子座から見て天頂に位置します。本格的な影響は2019年からですが、社会的ポジションはこの時期からだんだんと変わり始めるでしょう。初夏から本格的な夏にかけて起きた出来事に注目すると、この先運命がどう動いていくかの指標に。

<恋愛運>
深い絆で結ばれる恋に縁が。新しい出会いより、身近な人間関係に注目。梅雨の時期から夏にかけて交際が始まる可能性が高いでしょう。恋人とは、結婚を意識するかも。将来について話すと価値観を理解し合えるように。

<仕事運>
辛抱強く働くことで信頼を得られる年です。華やかなことが好きな獅子座にとっては単調な仕事が増えますが、それが土台となり、次の飛躍を約束してくれるはず。チームを助ける役割は、率先して買って出るようにして。

<金運>
落ち着いた運気。家の中に置くものに金運が宿ります。古いインテリアグッズは気に入ったものに買いかえを。掃除をこまめにするのもいいでしょう。秋はDIY運もアップ。ハンドメイドに凝ると運気が上昇しそうです。

鏡リュウジ氏の2018年 星占いTOP