堀内誠一 絵の世界堀内誠一 絵の世界

展覧会概要

1932年、東京に生まれた堀内誠一は、若い頃よりデザイナーとして研鑽を積み、時代をリードするアートディレクターとして活躍しました。「anan」、「BRUTUS」、「Olive」、「たくさんのふしぎ」など、よく知られた雑誌のロゴや、本の装丁、ポスターのデザインなど多彩な仕事を展開しました。その一方で、1958年に初めての絵本「くろうまブランキー」を世に出します。その後も「ぐるんぱのようちえん」や「たろうのおでかけ」、「こすずめのぼうけん」など数多くの人気絵本を生み出しました。「絵本作家の道こそ運命が決めた本命」と本人が語ったように、その54年の人生は、絵を描くことと共にありました。

2022年、生誕90年を迎えることを記念して、その画業全般を回顧する展覧会を開催いたします。戦後、激動する社会の中で、「絵」というヴィジュアルが持つ力を、広告やデザイン、イラストなど様々な分野で発揮させた堀内。その作品世界を見つめれば、20世紀という時代において、絵本や雑誌といったカルチャーがいかに変遷し、発展を遂げてきたかも浮き彫りになることでしょう。
本展は伝説のアートディレクターであり、デザイナーであり、絵本作家でもあった堀内誠一の「絵の世界」に注目します。今回、初公開となる10代の時に描いた油絵作品などを出発点に、絵本の原画、デザインにおける作画、雑誌のためのカットなど、堀内の創作の原点ともいえる「描くこと」をひもときます。ときに愛らしく、時に鋭くアヴァンギャルドな堀内誠一の絵の世界をどうぞお楽しみください。

堀内誠一 絵の世界
《女性像》 油彩・キャンヴァス  1950年
《女性像》
油彩・キャンヴァス
1949年
《青いサーカス一家》 油彩・キャンヴァス  1950年
《青いサーカス一家》
油彩・キャンヴァス
1950年
『たろうのおでかけ』 1963年  福音館書店
『たろうのおでかけ』
1963年 福音館書店
 『ぐるんぱのようちえん』 1965年  福音館書店
『ぐるんぱのようちえん』
1965年 福音館書店
《白いちびの馬(ベルヴィルの丘)》  1978年
《白いちびの馬(ベルヴィルの丘)》 1978年
『ロボット・カミイ』  1970年  福音館書店
『ロボット・カミイ』
1970年 福音館書店
『雪わたり』  1969年  福音館書店
『雪わたり』
1969年 福音館書店
堀内誠一が手がけたロゴデザイン  1970年〜
堀内誠一が手がけたロゴデザイン 1970年〜

©️Seiichi Horiuchi

堀内誠一 (ほりうち・せいいち)

1932年、東京に生まれる。デザイナー、アートディレクター、絵本作家。雑誌作りにおけるエディトリアルデザインの先駆者であり、「anan」創刊時には、ロゴ、表紙、ページネーションなどを手がける。海外取材を実施するなど、ヴィジュアル系雑誌の可能性を大きく広げた。「あかずきん」「雪わたり」「くるみわり人形」など、20代半ばより生涯にわたり60冊をこえる絵本を世に出し、挿絵も数多く描く。1973年から81年にかけてパリに暮らし、世界を巡り、旅先の風景や地図を描き雑誌で発表するなど、多彩な表現に意欲的に取り組む。1987年逝去。享年54歳。

堀内誠一

基本情報

堀内誠一 絵の世界

会期 2022年1月4日(火)→24日(月)
  • 会期中無休
会場 大丸ミュージアム〈京都〉[大丸京都店6階]
入場時間 午前10時→午後7時30分まで(午後8時閉場)
  • 最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
入場料<税込> 一般・大学生 1,000円(800円)、中高生800円(600円)、小学生以下無料
  • ( )内は前売料金および大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方のご優待料金です。
  • 小学生以下の単独入場はできません。必ず保護者の方同伴でご入場ください。
    保護者(18歳以上)の同伴がない場合、入場をお断りする場合がございます。
  • 前売券はセブンチケット(http://7ticket.jp)にて2022年1月3日(月)まで販売。
    当日券についても1月4日(火)→24日(月)正午までセブンチケットでも販売いたします。

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について】

本展運営にあたっては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から必要な対策を以下のとおり講じてまいります。ご来場の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。また、ご来場のお客様には、マスクのご着用をご協力願います。

(会場内環境)
・店内の常時換気強化
・会場出入口付近にアルコール消毒液を配備
・物販ご入金カウンターに「飛沫感染防止シールド」設置
(販売員・スタッフの取り組み)
・スタッフのマスク着用・消毒・検温の実施
・お買い物袋・カゴ、サンプル品の定期的な消毒
・開店前、閉店後の会場内アルコール消毒
(お客様へのご協力)
・入店時のサーモグラフィーによる検温
・会場内入退場時のアルコール消毒
・ご入場待機列、物販ご入金カウンターお並びの際の、「ソーシャルディスタンシング」へのご協力

※グッズコーナーのご利用は、入場券が必要となります。

※本展覧会で販売する商品については、大丸松坂屋カードのポイント、大丸松坂屋お得意様ゴールドカードのご優待は対象外でございます。

※本展覧会は、諸事情により予告なく営業時間等の変更、中止になる場合がございます。ご来場の際は、ホームページ等で事前にご確認のうえ、お越しくださいますようお願い申し上げます。
なお、会場の混雑状況により、入場制限をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

主催:京都新聞
特別協力:堀内事務所
協力:福音館書店
企画協力:アートキッチン