VOL.01

目利きとつくる、TROJANメジャーメイド 01

  1. トップ
  2. コラム
  3. 目利きとつくる、TROJANメジャーメイド一覧
  4. VOL.01

『各界の目利きとつくる、TROJANメジャーメイド』vol.01


書店オーナー、森岡督行さんのプレゼンの日のスーツ。

男性にとってスーツは特別なアイテムだ。毎日の仕事着として、さらには特別な日の一張羅として自分らしさを表現する手段でもある。そして、その一着が、自分だけのデザインとフィット感であればなおいい。この連載企画では、トロージャンのメジャーメイドを各界の目利きと呼ばれる男性たちにお試しいただき、オーダースーツの魅力をご紹介していきます。第一回目は、森岡書店のオーナーである森岡督行さん。彼があつらえたメージャーメイドスーツを公開します。

_SOM6836.jpg

東京の東銀座で、個人書店を営む森岡さん。普段、店に立つ時は、カジュアルなスタイルが基本。その彼が今回オーダーしたのは、シンプルな黒のスーツだ。

_NNO2400.jpg

森岡「今回のオーダーでは、プレゼンで着られる一張羅を作りたかったんです。それをオーダー担当の水嶋亜矢子さんに伝えたら、自分には濃い色が似合うとアドバイスをいただきました。いろいろな生地サンプルを見たり、実際に広げて体に当ててみたりして、とてもしっくりきたので、この黒を選びました」

_NNO2360.jpg

森岡さんがオーダーした生地は、イタリア高級生地メーカーのトラバルドトーニャのエストラート。品の良い光沢感と滑らかな手触りが特徴だ。形は、スマートフィットが特徴の02modelを選択。デザインは、シングル段返りの三つボタンで、背の高い森岡さんらしいシャープな印象。

_NNO2418.jpg

森岡「たまにはスーツで接客するのもいいですね。適度に緊張感があって背筋が伸びる感覚を味わえるし、何より自分のサイズにぴったりハマっているのが最高です」

【森岡さんがオーダーしたスーツのこだわり】

_TAZ5099.jpg       

Price ¥103,680円(税込)

Fabric:トラバルドトーニャ エストラート。
Model:02model
Option:本切羽、フルステッチ、水牛ボタン(各2,160円)
*シャツ、ネクタイは別料金です

_TAZ5132.jpg

全体を引き締める、ステッチのデザイン。

主にビジネスシーンでのスーツにあしらわれるステッチを採用した。これによりラベルの形が美しく見え、存在感も増す。

_TAZ5144.jpg

自分だけのこだわりは、ネーミング刺繍にも。

かつて森岡さんが在籍した書店のユニフォームの刺繍を思い出し、"森岡書店"と白糸のネーミング刺繍を裏地に施した。「初心に帰る」という意味をこめたそう。   

_TAZ5127.jpg
      

本格派はやっぱり、王道の本切羽。

袖口は、王道の本切羽でオーダースーツらしさを表現。袖ボタンには、4つのキスボタン(重ね付け)。ボタンとボタンホールステッチは、ジャケットに合わせた黒糸を使用。

_TAZ5135.jpg

実は個性が出るジャケットの裏地。

バリエーション豊富な裏地から森岡さんが選んだのは、落ち着いた印象に見せたかったというこだわりから、胴裏と袖裏共に薄いベージュの無地。3シーズン対応の総裏仕様。

_TAZ5158.jpg

スーツのパンツは、シルエットが大事。

パンツのシルエットは、スーツ姿をすらっとした印象に見せる、ノータックのストレート。裾は基本の4.5cmのダブル仕様で、やや短めに設定。脇ポケットは、縫い目に沿った縦型を採用。また、アジャスターの有無も選べる。

メジャーメイド詳細はこちら>>